• トルコリラは今が買い時と判断する

    トルコリラは数年前には、円に対して100円以上の価値があったのですが、現在では33円前後と、下降トレンドを邁進中です。

    今の時期を底値と判断して買い注文を入れれば、もしかしたら為替差益とスワップ金利の両方の利益が同時に入ってきます。

    日本の政策金利は、0.1%しかないのに、トルコの政策金利は、7.5%もあり、世界で最も高い政策金利となっています。政策金利が高いと言うことは、政策金利の低い為替で、政策金利の高い為替を買えばその差額が、トレードした時点から毎日もらえるので、トルコリラを買えば、為替の値動きに関係なくスワップ金利がもらえるわけです。

    スワップ金利は、為替差益の利益からすれば微々たるものですが、長期間、為替を保有すれば結構な金額になります。


    しかし、利益を出せるのは、底値で買わなければ駄目で、今以上に値動きが下がれば、為替差益がマイナスしてしまうのでスワップ金利をもらったとしても損失になってしまいます。



    トルコリラの政策金利が高いのは、国が不安定で経済状態も悪く、魅力のない貨幣でも、投資家に買ってもらうために政策金利を高くしている訳で、逆に言えば政策金利が低くければ誰も見向きもしない通貨となってしまうのです。

    口コミ評判の高いgoo ニュース情報をまとめてチェックしよう。

    通貨ペアのうち、トルコリラ/円では、チャートは下がり続けていますが、トルコリラ/米ドルでは、トレンドはきれいに上昇になっているので、このような通貨ペアを利用するのもいいと思います。

    FX情報サイトを使用する機会が増えています。